1分でわかる脳梗塞の前兆

*

1分でわかる脳梗塞の前兆

脳梗塞の発症年齢は中高年以上に多いと言われてきましたが、最近では30代や40代で発症される方も少なくありません。

中高年以降で脳梗塞を発症しやすくなる理由としては、糖尿病などの生活習慣病と合わさって病気が引き起こすことがあるからです。

また、脳梗塞の男女比率については、男性の方に危険因子が多く含まれていることがわかっています。

これは脳梗塞の危険因子として喫煙やアルコール摂取などが挙げられているからで、糖尿病などの既往歴があった場合にはその確率が高くなることも示唆されているからです。

脳梗塞も含めた脳卒中の患者数は依然多く、日本人の死亡原因としては第3位となっていますが、脳梗塞単体での死亡率はわずかながら減少傾向で、全死因の中で脳血管疾患は第4位として登場しています。

近年の医学の進歩により、脳卒中で亡くなる方は少なくなりましたが、罹患する人の数は減少していないのが現状です。当サイトでは脳梗塞について前兆や治療、対処法など1分間でわかりやすく解説します。

スポンサードリンク


脳梗塞の関連記事